2016年04月02日

タイ、ベトナム株分散化

そういえば

マイナス金利ですけど、あれは僕も政治家ではないながら考えていました。

「お金をもっていると徐々に減っていくシステム」をつくったら

金融緩和策なんかしなくても、お金回りがいい状態が永久的に続くのではないかと考えていました。

実際、マイナス金利という形で、実現したのですが

しかし、これでも、「銀行に預けるという行為がリスクでしかなくなった」だけで

自宅に金庫を置いて現金をしまわれたのでは、形こそ変わったものの今までといっしょのことです。

これが、政治ができる限界なのでしょうから、しかたないですけど

そもそも政府が強引にお金を使わせようとするのが、いいとは思えませんし・・・

「お金を使うことは善い行い、お金を使うといっぱい入ってくるという認識」を

広めていくことが大事かなと思います。

お金を抱いて餓死しているポスターを貼りましょう???


ということで、

できればお金は使った方がいいのですが

それでも使うのが嫌なのであれば、銀行口座から証券口座へお金を移し、

リーマンショック級の暴落が来た時に

資源国通貨である、カナダドル、オーストラリアドル、ニュージーランドドルに換えて

寝かせておくことをお勧めします。

証券口座は

自分の口座の証券会社がつぶれても、口座のお金は別の証券会社の口座へ移管されるだけなので、

お金を失う心配がないです。

さらに超円高になったときに、安全通貨に換えておくとなお安全でしょう。

日本の法律制定、改定で、いいようにお金を取られる?のがいやなら海外へ逃がすのも有効です。

何度もいうのですが、本当は、お国のために使った方がいいです。

男は男らしく、女は女らしく

親上司のいうことをしっかりきいて、お国のために猛烈に働き、猛烈にお金を使うこと。



さて、株ですけど

タイ株の入れ替えをしました。

TFとPRを保有していましたが、

ある日、PRがTFの傘下企業であることに気づきまして

成長性と分散化という観点から、見直しました。

ということでTFを全部売却して、PBとPMとSPCを新たに購入しました。

PBは成長著しいパン製造会社で、PRと同じくサハグループの傘下企業???です。
タイの山崎製パンらしいので期待してます。

PMはスナック菓子の会社らしく、日本ではカルビーが好調なので期待してます。

SPCは、これまたサハグループの傘下企業で、ローソンを展開してるらしく、
まだまだローソンはタイでは少ないらしいので、伸びしろ大だと思いました。


あと、ベトナム株も分散化させました。

CLCの株価が割高になってきたのが理由で

CLCを一部売却して、CLWとVPSを買いました。

楽しみがまた増えました。

早く、ベトナム株祭りこないかな〜

それではまた。



posted by ピピ at 10:17| 三重 ☀| タイ株 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク
お気に入りリンク
インドネシア株 指数
NNA.ASIA バフェット指数チャート
中国株 中国PMIチャート
二季報WEB 日経平均株価月足チャート
内藤証券 H株指数月足チャート
中国情報局ファイナンス VN指数月足チャート
ど素人の投資ドットコム 世界
シロイケノヤマ 世界経済のネタ帳
ベトナム株 各国PER
veracベトナム上場企業データベース ブルームバーグ
サコムバンク証券 著名投資家最新ニュース
べトジョー日刊ベトナムニュース ジョージ・ソロス
HOTNAM! ウォーレン・バフェット
ベトナム株掲示板 ジム・ロジャーズ
タイ株 ブログ
タイ通 ろくでなし日記
UOB KAYHIAN 投資日記ステーション
ASIAN−VALUE.COM 香港資産運用奮闘記
バンコク週報 マーク・モビアスブログexcite翻訳
タイ株「アジア株」海外投資ロングステイ。 打倒!金持ち父さんブログ
外国株 投資総合情報サイト
外国株オールアバウト 株式新聞WEB無料版
景気動向指数 東洋経済オンライン投資情報
マーケット情報 野村アセットマネジメント トレーダーズウェブ
鉱工業生産指数 日経ネット GCオプティキャスト
有効求人倍率 日経ネット 為替
米国失業率 日経ネット ZAI 為替チャート
ADR 為替ネットナビゲート
米国株式 ADR取扱い銘柄一覧 楽天証券 投資入門
中国・香港・広東情報 おじさんはおどろいた!!
The香港 ネット株初心者リンク
エクスプロア香港 番組
香港ポスト 楽天証券勉強会
コンシェルジュ香港 高校講座
ウェネバー広東 賢者.TV
商品先物 掲示板
コムテックス 株式@2ちゃんねる
無料チャートソフト その他
Fchart 5%ルール大量保有報告書

Copyright (C)2006 P・P All rights reserved.