2016年09月25日

長城汽車買い増し、その2

今年は株ブログ書き始めて10年、株の勉強初めて12年かな?

今日は、過去を振り返って思うことを書きます。

ナンピンはするな!

例えば、1000万円持っていて、その10%の100万円を「一銘柄に投資する限度額」に設定した場合に

@とりあえず、絶好のチャンスだと思ったところで50万円分買ったとする。

Aそこから、じりじりと下がってきたので、もう50万円分買ったとする。

Bそこから、さらに下がってきたら、放置か、損切する。

ここで、無限ナンピンすると、損失も無限に増えていくことになるので絶対にしないことです。

僕の場合は、放置することが多いです。

(絶望的なニュースが流れたら、損切しますけどね)

放置するだけでも、損失が10%までに限定されますので

ある意味、損切になります。

そうすることによって、損失は限定され、サラリーマン投資家として生き残ることができます。

で、余談ですが、儲けようとするなら

Cなるべく、そういった暴落銘柄を買わないようにする。無難な銘柄(バフェットさんが好きそうな銘柄)を買うようにする。
Dいい銘柄は、いい銘柄であり続ける限り、保有し続ける。

簡単に書くと、こういうことです。

で、難しいのが、この簡単なルールを守れない自分をどうするかです。

僕の場合、若かりし頃よりも欲がなくなってきたし(それでもありますけど)

痛い目を見てきた経験もあるので

改善はされてきたと思う。

大事なのは、今はどうあれ、改善しようとすることです。

あとは、時が解決してくれます。


さて、リアル株ですが

NN原油ブルETN ニーサ口座分 221株→0
(理由は、ニーサ口座の損失は、利益との相殺に使えないみたいなので、さっさと売却しました)

さらに預金とその売却分で
長城汽車5000株→9000株買い増しました。

この日が、2016年9月22日、祝日でして日本のマーケットがやってなかった。

本当は、長城汽車7000株にとどめといて、純銀上場信託を残り分買うつもりでしたが

人間の欲とは、恐ろしいものですね。

板情報見てると、

「今、めいいっぱい買わないでいつ買うの?」みたいな

悪魔のささやきが聞こえてきて

9000株まで買い増してました(純銀上場信託を買うお金がなくなりました。)

こうなると、一か八かの勝負ですね。

まあ、長城汽車は、高利回りの債券みたいなものですから、大丈夫だと言い聞かせてますが

一か八かの勝負ですね。

それでも、
株価7.6
EPS1
売り上げは、あいかわらず右肩上がりで
EPSは、ドンと下がったところで改善の兆しが見えるとなれば
買いだと思いますが

今回は、過去の失敗を振り返り、ナンピンはしないことにします(限度を10000株までにします)。

ではまた。
posted by ピピ at 07:23| 三重 ☀| 株総合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク
お気に入りリンク
インドネシア株 指数
NNA.ASIA バフェット指数チャート
中国株 中国PMIチャート
二季報WEB 日経平均株価月足チャート
内藤証券 H株指数月足チャート
中国情報局ファイナンス VN指数月足チャート
ど素人の投資ドットコム 世界
シロイケノヤマ 世界経済のネタ帳
ベトナム株 各国PER
veracベトナム上場企業データベース ブルームバーグ
サコムバンク証券 著名投資家最新ニュース
べトジョー日刊ベトナムニュース ジョージ・ソロス
HOTNAM! ウォーレン・バフェット
ベトナム株掲示板 ジム・ロジャーズ
タイ株 ブログ
タイ通 ろくでなし日記
UOB KAYHIAN 投資日記ステーション
ASIAN−VALUE.COM 香港資産運用奮闘記
バンコク週報 マーク・モビアスブログexcite翻訳
タイ株「アジア株」海外投資ロングステイ。 打倒!金持ち父さんブログ
外国株 投資総合情報サイト
外国株オールアバウト 株式新聞WEB無料版
景気動向指数 東洋経済オンライン投資情報
マーケット情報 野村アセットマネジメント トレーダーズウェブ
鉱工業生産指数 日経ネット GCオプティキャスト
有効求人倍率 日経ネット 為替
米国失業率 日経ネット ZAI 為替チャート
ADR 為替ネットナビゲート
米国株式 ADR取扱い銘柄一覧 楽天証券 投資入門
中国・香港・広東情報 おじさんはおどろいた!!
The香港 ネット株初心者リンク
エクスプロア香港 番組
香港ポスト 楽天証券勉強会
コンシェルジュ香港 高校講座
ウェネバー広東 賢者.TV
商品先物 掲示板
コムテックス 株式@2ちゃんねる
無料チャートソフト その他
Fchart 5%ルール大量保有報告書

Copyright (C)2006 P・P All rights reserved.